<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
5月19日 フレンドシップ
ヒャク展のときにいただいた木工細工のハリネズミを
マメのゲージに入れてみたら
思いっきり噛み付いてました。

何度も。
[PR]
by gottagota | 2010-05-19 22:18
5月17日 デザフェス
土曜日にデザフェス行って参りました。


立体作品が多くなったように思います。

立体ってのは、服とかアクセサリーとかカバンとかそういうののブースが4分の1くらいを占めたたんじゃないですかね。言い過ぎかな。


去年までは明らかに、オリジナルキャラクターグッズを出している人がとても多かったんですけど
その波も穏やかになり、
全体的に多様な作品が集まっていました。

アキバ系は増えてるかな〜。
普通のイラストと見せかけてアキバテイストにじませてるってのも結構ありましたね。



みんな元気だな〜と思いました。。

僕はもうこの中でブースを並べても勝てる気がしないです。

そういうパワーはいまはないなあ。
[PR]
by gottagota | 2010-05-17 15:35
5月14日 その2 子ども英語

アルクの月刊誌「子ども英語」の
6月号のふろく『お手伝いロボットDo-Doの人形劇セット』というのを作りました〜。

人形劇的なことをしながら、英単語をおぼえていこうという教材ですね。






*****





「のんちゃんのり弁」観ましたよ。


面白い。

ですし、すごいですね。

完成度が高いです。


なんでこんなことができるんだろう〜。
一体、他の映画とどこがちがうんだろう〜と思いながらみました。
(当然わかりませんでしたけど)



同監督の「いつか読書する日 」もよいので、未見の方はぜひ。






*****




あ、あと「シルク」も観ました。


音楽と中谷美紀がよかったです。
[PR]
by gottagota | 2010-05-14 18:43
5月14日 そして今日も相変わらず
「人生に乾杯!」観ました。

これいいですね、

映画的なファンタジーもうまいし、
最初から最後までずっと楽しめましたよ。

とくに奥さん役の人と女性刑事がいいですね。


全員がこの映画の趣旨を理解して、
観客のことも考えて、
ハンガリーのことも考えて、
一丸となって作ったってのがわかるいい映画です。




*****



それに対して、



*****




「クヒオ大佐」観ました。

堺雅人も満島ひかりもよかったです。

堺雅人は面白いですね。

満島ひかりも生の人間って感じで、ただの若手女優じゃありませんという意気込みが出てました。

松雪さんも監督から言われたことをキッチリやっていたのでしょう。



しかし、それぞれの演技がまったくとけあってませんでした〜〜〜。全員バラバラ〜〜。

ストーリーもなんか辛気くさいしポイントしぼれてないし
せっかく「クヒオ大佐」っていう面白いネタだったのに
ほんともったいな〜〜〜〜〜〜〜い。



まあ、「コレが作りたかったのだ!出演者もスタッフも納得しておる!」というのであれば、
いいんですけど。
[PR]
by gottagota | 2010-05-14 00:33
5月13日 ウィー

[PR]
by gottagota | 2010-05-13 00:13
5月12日 インフォーマント!
「インフォーマント!」観ました。


ソダーバーグだったんですね、観たあと知りました。

たしかにエリンブロコビッチっぽい感じで、社会派コメディで一人の人物を描き出す映画でした。

好きですよ、こういうコメディ。
爆発力はないけどセンスがイイ感じで。





****




「トレーニングデイ」観ました。



デンゼルワシントンの力技ですね。迫力と魅力がすごい。

イーサンホークも全体を通しての気持ちの流れが明確で、
だからこそデンゼルワシントンが映えたんだと思う。
まさに助演。




****



あ、あとオススメ映画あったら教えてください。


そろそろ何を借りたらいいかわからなくなってきまして。
[PR]
by gottagota | 2010-05-12 18:50
5月11日 ウィー

[PR]
by gottagota | 2010-05-11 02:10
5月10日 はちみつ
「リリィ、はちみつ色の秘密」観ました。


クイーンラティファ、ジェニファーハドソンなど魅力的で上手な人が出ております。


「この人、うまいな〜。誰だろ」と思って調べた女優さん、ソフィー・オコネドー。
助演でオスカーノミネート経験がある方だったんですね〜。




****



外国語映画を観ると
結局は「訳語」にモロ影響されるんだな〜と思いました。


「いきなりかっこつけたセリフだな〜」とか
「おしゃれなこと言おうと必死だな〜」とか思うことがあるんですけど
それってつまりは翻訳家の日本語表現センスなんですよね。


だから、そこで映画の評価をくだしてはいけないんだな〜と。
でも映画ってセリフですからね。



字幕や吹き替えではその映画を「観た」とは言えないような気がしてきました。

原語で理解しないといけないのかも。






*******






「フィッシュストーリー」観ました。



最後のカタルシスはバッチリあります。

が、それまでのそれぞれのエピソードがちょっと長いね〜。大事にしすぎ。





*********




映画を観るとき、
自分の感性とか価値観とかでしか観れないのがもったいないなと思います。


もっといろんな感性で楽しめたらいいのに。


どうしても、
自分がテンポが悪いと思うと、「テンポ悪い映画」になっちゃうし、
自分がつまんない映画だと思うと、「つまんない映画」になっちゃう。


それぞれの映画はそれぞれの楽しみ方があるんだろうから
全部たのしく観ることができたら一番いいのに。
[PR]
by gottagota | 2010-05-10 02:06
5月9日 名前をつけた冒険家もため息がでるような花園

ブーゲンビリアの塀の中には
幸せの実がなる庭がある

ゲートを通り過ぎていく人たち
背伸びして覗くこどもがいる

一目見よう
手に入れよう
世に広めよう
と、追いかけて

名前をつけた冒険家もため息がでるような花園



ブーゲンビリアの塀の中には
幸せの実がなる庭がある

デートで迷い込んで来た定め
二人だけの辞書に刻まれる

人目でも
手をつなごう
世に知らせよう
と、追いかけて

名前を呼んだ芸術家も吐息を飲むような花園


ハイビスカスのお茶にキスして
柳になでられて覚える安らぎ

おぼろげに浮かび上がる土間に
お邪魔して落ち着いた一羽

確かめよう

種が目を覚ます神秘を信じれば
どんな夢も真実に





「庭園」 by エミ・マイヤー




*****





エミっち、すごいわ、ほんとに。この歌詞。


もちろんメロディーも声もピアノも。


ヒット!




******




いい歌詞って不思議と
文字にした時の見た目が美しいんですよね。
[PR]
by gottagota | 2010-05-09 17:37
5月8日 新しい場所に心がついてくるまで ここを離れることの意味を探すための 旅に出るよ
「やわらかい手」観ました。

こんなことしちゃう映画だとは知らなかったのでちょっとビックリしましたが。

全体的に上品な感じだし、
エンディングも好きな感じです。

いいですね。いい感じです。





******




今日は寝てたら金縛りに遭って、しかもなにものかに腕をつかまれて、さらにイヤホンを耳にグイグイ入れられて何か音楽を聴かされました。



金縛りは霊現象じゃない、と信じているので怖くなかったですけど、迷惑だな〜とは思いました。





******




飛行場に向かうバスの中
バッグひとつで飛び回る私

過ぎて行く屋根と自然に
重なって映る横顔

いつの日か戻りたいけど
いまは次の街に呼ばれているの

新しい場所に心がついてくるまで
ここを離れることの意味を探すための
旅に出るよ




にぎやかな光に囲まれて
ぶらり一人で見回す私

刺激が胸をかきまぜて
もっとつながりたくなる

感じてることを表したいけれど
大事なことは留めておきたいの

新しい場所に心がついてくるまで
ここを離れることの意味を探すための
旅に出るよ





「旅」 by エミ・マイヤー




*****




i-tunesで買うと歌詞カードないし、
エミマイヤーはメジャーじゃないから
歌詞サイトにものってないので
歌を聴きながら歌詞をタイピングしました。


いい歌詞。

旅に出たくなる。
[PR]
by gottagota | 2010-05-08 00:58



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota