<   2009年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
12月17日 その2 はかどることはかどること
最近、パネー量のラフを描く時は
家を出ます。

家を出て、スタバとか近所の喫茶店とかモスとかで
シャリシャリとラフを描いてます。


これがはかどることこのうえなし。


集中できるんだな〜。



*****




てことで、
いっそイラレ作業も外でやった方がいいんじゃないかと
さっき「ノートパソコン欲しいなあ…」と思いました。




*****




サンタ様へ

今年は比較的いい子にしていたと思います。
だからMac Book Proをください。
何とぞよろしくお願いいたします。

b0128666_20504755.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-12-17 20:37
12月17日 パネー
忙しい時ほどテキパキ動くから
意外と普段よりいろんなことができたりします。




****




てことで「ゲット スマート」観ました。


面白い!


25回くらい笑った。




******




寒い!

パネー!
[PR]
by gottagota | 2009-12-17 01:52
12月16日 バベった
「バベル」観ました。

いやいやいやいや、
交通事故に遭ったかのようなスピード感のある衝撃と
その後に来るズドンと重みのある衝撃に
さすがに精神が摩耗してしまいました。


比較的小さな役の俳優さんたちでも
役のバックグランウドが見えてくる演技をされていました。

それぞれの俳優さんが自由と責任を持って十二分に力を発揮できる場を
監督が用意することができたんでしょうね。


俳優を尊敬して信頼してたんだろうな〜と思いました。





******





まだまだ続く。

次は
「キャラメル」「扉をたたく人」「ゲットスマート」の3本。

さすがにさすがに重い映画はもう無理なので
気分が晴れやかになりそうなのを選んだつもりです。




*********



自分でもなんで毎日のように映画を見ているのかわかりませんが、
映画をいっぱい観たいと思ってるし、実際観ているので
きっと今の自分には必要な行動なのでしょう。
[PR]
by gottagota | 2009-12-16 01:47
12月15日 「帰りたくないの」と、 アン・ハサウェイ。
いくらなんでもそんなに延滞金ばっかり払っている場合じゃないと思いまして、

返却日が昨日だった「レイチェルの結婚」のDVDを
今朝ツタヤ開店前に返却に行きました。

早起きしてさっっっむい中、行きましたよ。

ボカーン!と返却BOXに返してきましたよ。




家着いてビックリですよ。

DVDが家にありましたよ。

ケースに入れ忘れてましたよ。

ケースだけ返却しましたよ。

結局、延滞金ですよ。




「アン、君の居場所はここじゃないんだよ」

b0128666_11234271.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-12-15 11:20
12月14日 レイチェルの結婚
を観ました。

心拍数があがりっぱなしでした。

緊張感がずっとあって、はりつめっぱなしでした。


「路上のソリスト」でもそうですが、
支えたいんだけど相手が抱えている問題が大きすぎて支え難い…というような状況。


ほんとうにGod が bless youしてくれたらどんなにいいかと思いますね。




******



次は「バベル」か。

少々疲労が。。
[PR]
by gottagota | 2009-12-14 22:56
12月13日 サマーのり弁 ディアーのり弁
2009年度キネマ旬報日本映画ベスト・テン予想。


1.剣岳 点の記

2.ディア・ドクター

3.誰も守ってくれない

4.サマーウォーズ

5.沈まぬ太陽

6.南極料理人

7.ゼロの焦点

8.のんちゃんのり弁

9.ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ

10.火天の城







キネ旬っぽさと自分の好みをブレンドしました。

さてどうなるでしょうか。




*****



「クリスマス・キャロル」観ました。

そういえばディズニー映画を映画館で見るのは初めてでした。

映像がすごいですね。

実写カメラでは絶対できないカメラワークでほんとに空飛んでいるような気分になりましたよ。

ディズニーランドのアトラクションに乗ったような映画でした。




******





「路上のソリスト」観ました。


実話を元にした話なんですね。


実話を元にするとどうしても本筋とは関係のないエピソードが入って来てしまって
「お、お、お…」となります。

主演の2人がいいですね。
単なる純粋な人間とか善人とかではなくて
ヒダのある普通の人間を「演技力あります顔」をせずに演じてて、気持ちがよかったです。
[PR]
by gottagota | 2009-12-13 19:20
12月12日 ダウト
「ダウト」を観ました。

これもまたネットリと重い映画でした。。

最近たてつづけにDVD借りてみてますが、
ほとんどの作品が前知識がなく作品内容も読まずに選んでいるんですけど、
どういうわけか
「誰が正しくて、誰が間違ってるのか」みたいな、
「罪と罰」「運命」みたいな作品が多いです。

知らず知らず選んでしまってるんでしょうね。



***



「ダウト」。

主要登場人物の4人のすべてがアカデミー賞にノミネートされるという特異な映画でした(あとから知りました)。

舞台の映画化だったんですね。


見終わった後どうも釈然としませんでしたが
「もともと舞台の話だった」とわかれば
なるほど、「釈然としないものを見せたかったんだな」と思って安心できます。




****




さすがにドンヨリした映画を見すぎて
弱冠、精神が耗弱してきたので
ちょっと明るめのを借りようと思って
またツタヤへ。


「路上のソリスト」
「レイチェルの結婚」
「バベル」
の3本をレンタル。


結局、そんなに明るそうではないの。
[PR]
by gottagota | 2009-12-12 01:11
12月11日 The six!
The six!を見に行ってきましたよ。

The six!
※結構豪快な音でます。



*****


全国から(?)エントリーした美大生の作品をweb上で人気投票をして(?)
選ばれた30組(?)による合同展示(?)がThe six ! 。



*****



お誘いDMをいただいたのでひょっこり行って参りました。昨日。



面白かったですよ!
レベルが高くて。

原宿デ●インフェスタギャラリーとは全くレベルが違いますね。。


それぞれの作品の本質を考え抜かれていながらも
フレッシュ感があって、とてもよかったです。


目の保養になりました〜。




******




「ブーリン家の姉妹」観ました。


ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。


重厚なコスチュームプレイを期待したんですが、
愛の劇場も真っ青のメロドラマでした。

とくにハンサムでヒマでアホな王子が少女漫画のようでした。


でもこの三人がそれぞれ持っている清潔感と知的なイメージによって
作品が下品にはなってなくてよかったです。
[PR]
by gottagota | 2009-12-11 13:41
12月10日 Supreme Show
「宮廷画家ゴヤは見た」を観ましたよ。

たしかに「宮廷画家ゴヤ」がナタリー・ポートマンとハビエル・バルデムの怪演を「見た」映画でした。

ゴヤ役の人にもうちょっと重みと深みと風格があれば(すごい悪口になってますが…)
3人のバランスが均衡になって伝記映画として安定したんじゃないのかな〜と思います。

ナタリー・ポートマンがすごい顔になっちゃってました(演技で)。




*****





パーマ屋の名前は「ユーカリ」だったんですよ。



[PR]
by gottagota | 2009-12-10 21:05
12月9日 ゴーグル
優勝予想。

ナイツ。

もしくは東京ダイナマイト。




順位予想


1.ナイツ

2.東京ダイナマイト

3.モンスターエンジン

4.笑い飯

5.ハリセンボン

6.ハライチ

7.南海キャンディーズ

8.パンクブーブー




これ順位当たったら誰か夕飯おごってくださいね。





*****



「戦場のピアニスト」観ましたよ。


これナチスの話だったんですね。。
全然前知識がなかったので前半一時間どんよりしました。。

「人間が作った映画ならこのままどんより終わりはしない!」と信じながら
最後まで見切ったらなんとかホッとしました。


が、夜で歩くのがちょっと怖くなる映画でした。




ドイツはちゃんとこういう映画を作るところがえらいなあと思います。





******




「運動靴と赤い金魚」観ました。



イランでいうと「鍵」っていう映画も好きです。

ずっと鍵を探す映画です。





******





Giovancaを聞きながら横揺れしつつ仕事をしています。
[PR]
by gottagota | 2009-12-09 11:28



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota