<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
11月30日 エッフェルパパ
なんとまあ、
小山薫堂氏をして「フクイヒロシさんのヒャク展に行かなきゃ」と言わしめた
そのヒャク展も終わりました〜。
(ほんとにその節はありがとうございました!)


いやいや、僕にとっては世紀の一大イベントでした。

2008年の11月に「2009年の11月の個展をやるぞ!」と決めて
まさに丸一年を費やして制作してきたヒャク展も
昨日までの4日間でほんとに終わってしまいました。

フクイヒロシの個展なんかにほんとに人が来るのだろうか、
ホームページで見れるんだから別にわざわざ見に行く必要なんかねえよと思われてるんじゃないか(思われてると思いますけど…)、
とにかく心配で誰も来なかったらどうしよう…
作品が不評だったらどうしよう…
一年費やしたのにそれがダメだったらさすがにヤバいかも…と不安でした。

不安を払拭するために
微力ながらやれることはやりまして
心優しいみなさんにアニメを見ていただき、温かい気持ちでもってお褒めの言葉をいただいたりなんかして、結果個展にもきていただけたので
ただひたすらにホッと安心いたしました。。


みなさんの感想を鵜呑みにするならば
この個展、僕にしてはいい展示だったのかな〜と思ってもいいんじゃないかなと思っています。



****



お客さんの数が多かったから嬉しいのではなくて

わざわざ来てくれたってことは
僕の作品に少しの「期待」と「信頼」があって
少なくともおそらくは僕自身のことを嫌いではないのだろうから
そういう方々の顔を見てお話が出来たってのは
そりゃあ嬉しい時間でしたよ。



****



いろいろ書き記しておきたいことはあるんですが、
まずは販売に関してです。



今回はかなり安い価格でイラストやグッズを販売していました。


展示が終わって作品をぼくの家に持ち帰っても
ほんとになんの意味もなく、死んでるも同然なので
「欲しいな〜」「持ち帰ってみたいな〜」と思ってくださった方が
あまり迷うことなく決断できるような価格に設定して
作品を買っていだけるようにしました。

「こんなに安くていいのか」と心配してくださる方も結構いましたが
作品やグッズに安い値段をつけたところで僕の信条は1ミリも傷つきませんので大丈夫です。


おかげさまでイラスト作品もいくつか買っていただけましたし、
グッズも大量に売れに売れました。
いやあ、ありがとうございました〜。


で、売り上げ金額を計算してみたら
これがけっこうな金額になってしまいまして。。


僕はこの個展で金儲けをするつもりなんてなかったですし、
そりゃあ個展するにあたって会場費やらなんやらで経費はかかってますけど
その経費を軽く超えるような素晴らしい経験をさせていただきましたので
ちょっとこの売上金をそのまま僕の財布の中に入れておくわけにはいかないな〜と思いました。

で、この金をどうしたもんかと悩んでいましたら、

僕が知ってる人で
水が飲めなくてこまってる人や
勉強したいんだけど学校や教科書がない人や
ワクチンがなくて困ってる人がいるので
その人たちに送ることにしました。

その方が僕が使うよりも有益だと思うんです。

個展での売り上げ額(利益ではなく売り上げね)から
今日の僕の夕飯のうな丼の1100円を引いた金額を
その人たちにすでにお送りする手配をいたしました。


みなさんが生活にちょっととした彩りを加えようと思って
イラストやグッズを買ってくださったその豊かな気持ちのおかげで
「どっかの国」の「どっかの子供」が守られ、
さらにもしかしたら「どっかの氷」が溶けずに済むのかもしれません。



*****



売上金(−うな丼代)をこのように使うことは
事前にはまったく考えていませんでしたが、

来てくださった方々から優しい気持ちをいただいて
このお金はこういう風に使うのがいいんだろうと自然と思えましたので
このようにさせていただきました〜。


b0128666_23331614.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-11-30 23:28
11月29日 気持ち悪いですよ
今日は個展に来てくださった方が書いてくれた感想ノートを抱きしめながら寝ます(ね、気持ち悪いでしょ)。
[PR]
by gottagota | 2009-11-29 23:33
11月28日 メルシーボクゥ
なんだかもうほんとに人が多くて歩きにくくて
路地がせまくて入り組んでいる原宿まで
来てくださるだけでもう十分うれしくてありがたいです。ありがとうございます。



*****



今回の展示は作品が多かったんですが
全部みなさんに見ていただきたかったので
あれでは少なくしたんです。
それでも総重量17キロにもなりましたが。。。



それだけ苦労して持っていた甲斐がありましたよ。

ヒャク・ジューノーのアニメも
ヒャク・ジューノーのイラストも
でかいイラストも
百発ガールも
仕事のイラストも
それぞれリアクションがあるのでよかったな〜と心の底から思っています。


グッズもね。
激安販売が功を奏して、
マグカップ、ヒャク・ジューノーサウンドトラックCD、バッヂは完売いたしました。
ありがとうございます。





*******





実はFMヨコハマの「FUTURE SCAPE」という番組で
今回の個展について何度も取り上げてもらっていました。


当初はほんとちょっと「フクイが個展やるんだってよ」くらいのちょこ〜っとした感じで
言っていただければ十分だと思っていましたが
ほんとに何度も何度も取り上げていただいて
もうほんっっとに恐縮です!ありがとうございます。
ほんとにもう僕なんかが……。もったいないことでございます。感謝感謝です。


おかげさまで番組を聞いてくださった方も
足を運んでくださって大変うれしかったです。

原宿まで来てくださったそのお手間に値するような展示ができていたかどうか心配ですが
少しでも「来てよかった」と思ってくださっていたなら
こんなに幸せなことはありません。






*****






明日が最終日。
11時から18時までです。


18時からは片付けを始めてしまいます。




******





今日は会場にフラッと入って来たフランス人に
「メルシーボクゥ」と言えました。
[PR]
by gottagota | 2009-11-28 00:15
11月27日 ペゴパヨは「お腹空いた」
忙しい中、
貴重なお休みの日に、
お仕事の合間に
個展に来ていただいてありがとうございます。本当に。

作品を見ていただきながら
いろいろとお話できるのはたのしいですし、うれしいです。




*****




デザインフェスタギャラリーは外国人向けの観光ガイドに載っているようで
外国人の方がひょっこりギャラリーにいらっしゃいます。


お客さんのうちの半分近くは外国人ですよ。



僕の英会話能力は残念ながら「ア リトル」なので困る困る。



しかも英語圏ならまだしも
フランス語や韓国語だったりするともうお手上げ。
(いや、英語の時点でお手上げですが…)





韓国人に「ペゴパヨ〜」って言ったら笑ってくれました。






*******





オリエンタルな風貌の外国人カップルに「ウェアーユーカムフロム?」って聞いたら
「イスラエル」とのこと。

そして、感想ノートにすらすらっと描いてくれたメッセージはきっとヘブライ語。

どなたか読める方いらっしゃいますか。。

b0128666_136927.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-11-27 23:22
11月25日 ベリーを摘んだらダンスにしよう
月刊誌「公募ガイド」の読者コーナーのレギューラーが来月発売号で終了。

今日、イラストを描き終わったので今日で終わりました。


3年間、毎月、読者さんが投稿されたハガキの内容に対して
つっこんでみたり、共感してみたり、茶化してみたり……と
いろいろやってきました。
楽しい仕事でした。

唯一の手描きの仕事でもありました。



毎月、中旬から下旬にかけての仕事だったので
旅行や休暇などもこの3年間は月の初めに設定しておりました。


それも今日で終わりです。
(ありがたいことに別コーナーでレギュラーは続きますが。)


もし読んでくださっていた方がいらっしゃいましたら
「3年間ありがとうございました!」




******






今日、ユニクロ行ったら
レジで僕の前のお客さんがなんと一万円当たってました。。

見たくないですねえ、人が一万円当たってる姿。
しかも自分の前で。

僕は5000円も買ってないのでその資格さえありませんけどね。




*****





明日から個展です。



たった4日間です。



常駐するために4日間にしました。



それもこれも来てくださったみなさまにお礼を言うためです。



ぜひぜひ。


天気もいいようですので。
[PR]
by gottagota | 2009-11-25 19:02
11月23日 坊主,三羽,音響
朝、レンタルのノートパソコンが届きました。



個展の会場で動画を見せるためにパソコンが必要なんですけど
ノートパソコン持ってないんでレンタルしました。


で、ちゃんとフラッシュデータも移行できたのでひと安心。よかった。




*****



ノートパソコンで音声を聞いてみたら音が小さくてビックリ。


これじゃあ、ギャラリーの、人の話し声とかが聞こえてくる中では聞こえないな〜ってことで
スピーカーを買ってきました。


そんな高いものは買えませんので
ヨドバシのスピーカーコーナーで30分くらい腕組みしながら
値段と音質の交点を探って、なんとか選びました。





*****





この展示が終わったらまたしばらくやらないでしょうから
いろいろお見せしたいものがいっぱいあって。

いっぱいあるのはいいんですが、
一体どうやって持っていったらいいのやら。

体力勝負するしかないのですが。。
[PR]
by gottagota | 2009-11-23 23:15
11月22日 裏
これでもう「ヒャク・ジューノー」を作ることもなければ
修正することもできないんだな〜と思うと
さみしくもあり、ちょっとスッキリする気持ちもありで
終業式の次の日みたいな気分です。



*****




さて、ヒャク展ですが。


会場にパソコンを置きまして
「ヒャク・ジューノー」を観られるようにいたします。

できればFLASHのデータそのものを見ていただきたいので
そのようにしたいと思っております。

FLASHを使ったことのない方にとっては
「へ〜、こうやって作るんだ〜」という驚きもあるでしょうし。

FLASHを使い慣れている方にとっては
「え〜、こんなにデタラメな作り方してんの!」という驚きもあることでしょう。。



あとは登場キャラクターのイラスト(個人的にこれはなかなか気に入っております)と、
アニメの背景ですね。いろんな情報を開示したいと思っております。




また、今までのイラスト展で飾った作品も多数飾ります。


目玉としましては
2008年のCOLOR SESSION 2008で展示をした
B0サイズ(1030×1456mm)の特大イラストを展示いたします。

ただ、配送の都合上、27日と28日のみの展示となってしまいます。残念。



あとは
「ついに宇宙電車に乗ることになったんだ」と「百発ガールとその男」、「プロイラストレーターのお仕事展」などの作品も展示いたします。



とくに「…宇宙電車…」に関しては
キャラクターブックやマグカップなども持っていきますので
欲しいという方に気軽に持って帰っていただけるようにしたいと思っています。
(簡単に言うと、お求めやすい価格で販売するってことです。無料ってわけにはいきませんが。。よかったら是非。)




常時在廊しております。
もしかしたら昼ご飯買いに行っちゃってるかもしれませんがすぐ戻ります。


こちらから「こんにちわ〜」と声かけさせていただきますので
「こんにちわ〜」とか「裏聞きました〜」などと答えてくださいね!
[PR]
by gottagota | 2009-11-22 01:07
11月21日 音楽の話
昨日完結した「ヒャク・ジューノー」の中で重要で
とくに制作が楽しかったのは音楽でした。

GarageBandというMacに元々入っている音楽制作ソフトを
今回初めて使ってみたんですが
これがとてもとてもとてもとても面白い!

吹奏楽を長くやっていたのでなんとなく楽譜の読み書きはできるとは言え
こうやって音楽を作るのは初めてだったので難しかったですが、
曲ができていく過程がとても楽しかったです。

押し入れからキーボードを引っ張りだして
ピロリロリンとメロディを作ってみて
その音符をGarageBandに入力して、伴奏、パーカッションと作っていって
細かいところを何度も調整しては聴いて、調整しては聴いてを
繰り返してるとあっという間に一日が経っていました。


以下、長くなると思いますが、
セルフライナーノーツ(別名/自分大好きノート)を書き残しておきたいと思います。



*****



●百獣の王
これはエンディング曲。ちょっとアフリカンでダンサブルな曲です。
この曲が一番始めに作った曲でした。
これはもともとGarageBandに入っているトラック(メロディーの断片)を多用して組み合わせて作ったものです。
約30のトラックを組み合わせています。

※ここで正直に「これは組み合わせで作った曲です」と白状することで他の曲は一から作ったのがとアピールしたいのです。。

これは仮タイトルが「宝島」でした。
それは吹奏楽の「宝島」みたいな曲にしたいと思って、イントロのアゴゴのリズムを同じようにしたからです。
宝島

でもまあ、曲の途中で(聞き取れないかもしれませんが)「ヒャクジュウノ、オー」と歌っている箇所もあるしってことでタイトルを「百獣の王」にしました。




●涙のカーテンコール
これは7話でみんなが列をなして歩いているシーンのBGMです。
2番目に作った曲です。
これもトラックを多用しています。
とは言っても「百獣の王」よりも複雑で、とくに曲の終わりらへんのギター、ピアノ、ドラム、ベースの掛け合いなんかはなかなか苦労したっす。

歌詞をつけて歌にしようかと思ったんですが、
歌詞を作って一回歌わせてみたものの歌のメロディっぽくなかったのでやめました。




●まさかの曜日指定
歌ものですね。歌はVOCALOIDというソフトを使っています。
このソフトを使ってパソコンにメロディと歌詞を入力すればこうやって歌わせられることができるんですね~。
でも、何言ってるのかは聞き取れないですよね。まだまだ改善の余地のあるソフトのようです。

曲は昔のアニメらしいほのぼのした曲調にしました。
それとなるべくメロディーは逆にどこにでもありそうなオーソドックスなものにしました。

それはですね、メロディーが思いつくと
「こんなにいいメロディーはきっとすでに誰かが作っているはずだ」と思ってしまって
「せっかくほんとに自分で作ってるのにパクリだと言われたくない」という恐怖心がありましたから
「もはやパクリと言えないくらい」にオーソドックスなメロディーってことで作っていました。
(それが実現できたかどうかはわかりません…)

あとは、僕は基本的に「変なことしたい」と思っているので
メロディーもアレンジも歌詞も全部変だとダメだろうとおもって
メロディーは普通にした、つもり、です。。


GarageBandには100種類の楽器の音色がある、そうですが
実際使えるのはものすごく少ないです。

また、歌の声がパソコンの声なので
伴奏はなるべく生っぽい感じにはしたいと思って
パーカッションやフルートを多用しました。


ちなみに歌詞に登場する「コーケンテツ」は正しくは「コウケンテツ」です。
これは間違い表記ではなく、ビビったんです。。
どっかから怒られたらやだなーと思って、ちょっとだけ表記を変えたんです。。

ユーミンは怒りません。





●ギターと口笛
1、3、5話のBGMです。
あ、語ることがなにもない。。

BGMってのはどんなものなんだろうか、とちょっといろいろ調べたような記憶があります。
それが昇華できているかどうかわかりませんが、なかなか好きな曲です。



●恋してメヌエット
2、4、6話のBGMです。
「ギターと口笛」とは違う曲調にしなければ、という思いから「三拍子」にしました。
2本のギターの掛け合いが気に入ってます。不協和音とか転調とかいろいろやってます。



●急いでラメセス
これは4話のヒャク・ジューノーがカイブツのところまで走るときのBGM。
これまた吹奏楽の「ラメセス2世」みたいな曲にしたいと思って作りました。
ラメセス2世 1分50秒あたりから)

もともと僕はドラム好きなので、これは作っててかなり楽しかったですし、カッコイイんじゃないかと思ってます。
とくにコントラバスのメロディーとかが。




●作用反作用の歌
まだまだ続く自画自賛。
嫌いにならないで欲しいなと思っています。

ロック調の曲を作りたくなりまして、エレキギターを使ってみました。
これもドラムがかなりポイントになってますね。

サビはパッヘルベルのカノンの有名なメロディから作ってます。

2回目のサビは小田和正の「ラブストーリーは突然に」のオマージュです。



●ヒャク・ジューノー絵描き歌
カッコイイ曲を作ってみたくて、自分としてはこれはR&Bバラードなんです。
歌詞がバカなので曲はとにかくかっこつけるだけかっこつけてやろうと思って
過剰にドラマチックにしました。






●遠く君のいる場所へ
普通に曲を作りたい気分になってきまして、
バラードとかじゃなくて、明るい曲調で、でもバカソングでもなくて。
てことでこのリズムになりました。

が、しかしだ。
どうもGarageBandに入っているドラムの音ではどうもリズムが跳ねないのです。
曲を多く作ってくると欲が出て来てしまって。
もっとリズムが跳ねて欲しいんですけど、
これはコンピュータの限界ですかね。
だからミュージシャンはなくならないんですよね。

歌詞は本編の内容と半分くらいかぶってるけど、半分くらい関係ない感じで、なかなか好きです。
この距離感が映画のエンディング曲っぽいかなと。

いつか歌手デビューする時にはファーストアルバムの最後の曲をコレにしたいです。




●11月の終わりに
これが正真正銘一番最後に作った曲です。10月入ってから作った曲ですね。
7話にはちょっとしっとりしたBGMが欲しいと思っていたので、思い切ってピアノ曲にしました。

でも、和音とか知らないんでキーボード弾きながら、いろいろ試し試しで作りました。

ヒャク・ジューノーの最後の曲ですからね、自分のいままでの音楽力を全部この曲にそそぐつもりでやりましたよ。




以上でございます。


ヒャク・ジューノーの制作は秘密裏に進められていたので
なかなか結構孤独な作業でした。。

一人で作っちゃったからこそ至らない部分がたくさんあるかと思います。
これは大きな反省点です。

でも、一人だったからこそ最後まで作ることが出来たとも言えます。

こうしてとりあえず完成して
みなさんに見ていただけたのはうれしいです。


感想やご意見など聴かせていただければ
さらに嬉しいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by gottagota | 2009-11-21 09:42
11月21日 大事な友達
さて、ついに最後。7話です。


本家ページでもどうぞ。


7話が完成したのが昨日でした。


第1話を公開したときは4話くらいまでしかたぶん完成していなかったので
作りながら作りながらやってきました。


エンディングはもうちょっと先まで話を描いた方がいいのかな〜とか
ストーリーに関してかなり自信がなくなっていたのですが
先日「ゼロの焦点」を見て
「ヒャク・ジューノーはあれでいいんだっ!」となぜか自信を持てたので
おかげさまをもちまして
当初考えていた通りの結末を描くことができましたので
よかったな〜と思っています。



6話まではテーマソングを抜いた本編はだいたい4分くらいだったんですが、
7話はテーマソングを抜いて10分あるのでちょっと大変でした。

こりゃ制作が間に合わねえよ、と10月中旬頃に思いまして
7話の公開は12月頃になるだろうと思っていましたが
なんとかかんとかギリギリ間に合いました。

が、しかし。

完成した動画データを
今日初めてYOUTUBEにアップしてみたら
「時間が長いからダメです」と言われてアップできませんでした。

ので、なくなく最後の方の「おまけ」を切ってアップしました。

だから情けないことに「おまけ」が別データになってしまいました。残念です。

流れの中で見ていただきたかったんですけどね〜。




ではではではでは、最終話。


ご覧下さいませ!








↓おまけ

[PR]
by gottagota | 2009-11-21 00:00
11月20日 ほんとこの世は
デフレ宣言でましたね。

困った困った。

デフレはまずいよ。




******




ヒャク・ジューノーの第5話が消えてましたね。

失礼いたしました。


復活させましたのでどうぞよろしくお願いいたします。





*******




「ノコギリガール」が面白くてたまりません。


青木の歌もパファーマンスも、メロディも歌詞もいいなあ。

とくに歌詞が井上陽水を彷彿とさせる言葉遊びで。

悔しいなあ。面白いなあ、庚以降。←まだ変換されないようだ。




******



テレビつけたら前田美波里が米倉涼子にビンタされてました。
[PR]
by gottagota | 2009-11-20 15:58



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota