<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
9月11日 5時のF氏
「きまぐれロボット」見ました。DVDで。


これはケータイドラマだったんですね。
40分の短い作品。


いわずもがなの星新一のショートショートが原作。



僕は中高時代に星新一大好きで、
それ以降も断続的に読んでいました。


全1001話のショートショートのうち何百話読んだかはわかりませんが
『お前は狂ってる』というタイトルの話や
ポケットの中にUFOが入ってる話、
たしか『満たされた生活』とかいうタイトルの話が印象的で記憶に残っています。



星新一の味、といえばそのシニカルさでしょう。


話の全体をほんわかとかした温かみや甘さでクルッと包んではいるものの
やはりピリッとビターなシニカルペッパーが効いたエンディングに
毎回「アウチッ!」と言わざるを得ないものばかり。




しかしこの映像版「きまぐれロボット」。

なんでしょう。これ。



浅野忠信や夏木マリ先生や香里奈師匠が出ているのにも関わらず
単調な演出のせいで残念ながら面白くない。

ストーリーもなんだか甘ったるくて。
クリスマスシーズンの公開だったからかもしれないですけど。


突出している点がないから何を見たらいいのかちょっとわからないまま終わって
見終わった後もわからない。


ヒントを探そうと、出演者のインタビューなんかを読んでみましたが
「現場が楽しかった」とか「この共演者、スタッフとやれてよかった」とかそんな言葉ばかり。



せめてロボットの造形がもっと面白ければなと思います。
レトロならレトロなりのワクワク感があったと思うんです。



と、ちょっと辛口で、しかも回りくどく意味の通じにくい文章になってしまっているのは
いまが朝の5時だからだとomoimasu。





*****



「満たされた生活」じゃなくて
「ゆきとどいた生活」でした。
[PR]
by gottagota | 2009-09-11 04:55
9月10日 キュリー夫人は11月7日生まれ
ノーベル賞がわかる事典という本のイラスト担当させていただきました。

僕は70点ほど描きました。

他にも3人のイラストレーターさんが描かれています。

そのうちの一人、小河原智子さんによるノーベル賞受賞者たちの似顔絵イラストを見るだけでもたのしいっすよ〜。




*****




すっかり秋ですねえ。



ほんとに冷夏でしたね。



8月の電気料金が例年の半分でしたよ。
[PR]
by gottagota | 2009-09-10 00:55
9月9日 髭
i-tunesで曲を買う事ができるのは知ってましたが
いままで利用したことはありませんでした。

登録もしてませんでした。



だってi-tunesで買えちゃったら
バンバン買ってしまいそうで怖い。。


amazonのワンクリックよりもかなりハードルが低くなってしまうから
いい曲だな〜なんてちょっとでも思ったら
ポポポンと買っちゃったりしそう。



だから利用してなかったんですが、
ついにi-tunesで買ってしまいました。




Kenny Rankinさん。




A Song for Youがすごくいい曲だったから
CD買おうかな〜とamazonを見ていたら
出品者が海外ばかりで日本の業者がいない。

そうすっと早くても2週間程度かかってしまう。

2週間は長いわ。


てことで、
i-tunesで買いました。



ダウンロードだから買った直後にもう自分のi-tunesに全部の曲が入ってまして
もう聞けますよ。びっくり。

家から一歩もでてないのに。
郵便受けにも行ってないのに。
椅子から立ち上がってさえいないのに。


やばいやばい。





*****





でもいい声。いい曲。
[PR]
by gottagota | 2009-09-09 01:46
9月8日 Il grillo che divenne l'angelo
最近またマメにコオロギをあげています。

が、あまりウケがよくない。

マメの中ではコオロギブームが去ったようです。

あきらかにしぶしぶ食べてます。




コオロギだってどうせなら喜んで食べてもらいたかっただろうな、とせつない気持ちで見てます。





******




マイミクテトリスで11494点をたたき出している場合じゃない。
[PR]
by gottagota | 2009-09-08 02:00
9月7日 ドゥ・イシャン・ペティモリゼーノ
堂島ロール!

b0128666_13473854.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-09-07 13:47
9月6日 サラマッポー
おそろしいことにブログ、というかweb上に日記のようなものを書き始めて
今日で10年目を迎える事になりました。

大学時代ややばい時代の日記は削除済みではありますが
2000年9月6日から書き始めて丸9年の10年目。


続けて来た事で得たものはというと、「友達」でしょうね。


新しい友達もそうだし、友達維持もそうだし。


フクイってどんな人だ、とか
フクイっていまなにやってんだ、とか
直接連絡というハードルを越えなくても
チラチラッと見ていただければチラチラッとわかっていただける。


人見知り(でもないけど)で連絡無精のぼくにはありがたいです。







また、発見したことはというと。



いまだに「ブログ見てます」と言われると「ギョッ」とすること。
一向に慣れません。


「え!見ないでください!」って言った事もあるし、いまだに言いたくなる。あまりにも恥ずかしくて。

こうやって人様に見せるために日記のようなものを書くのあまりに恥ずかしい。




でも、
書かれた事に対してメールやら会話やらで
「あっしもあれ見たっす~」とか
「おいらもあれ好きっす~」とか
リアクションをしていただけるのは
実は大変うれしいことです。



web上の日記は
書き手が死んでも半永久的にネット上に浮遊しつづけるわけでして
そう考えるとなかなか重いものがあります。

何十年か後には生きてる人が書くブログより死んだ人が書いて残したブログの方が多くなるでしょうね。


ペットブログなんかで
「かわいい~」なんつってうっかり見てたら
最新のページですでにエンジェルになっていたことを知らされて
「え~!サガる!」なんて思う事もしばしば。



最後に不気味な事を書いてゴメンナサイ。
[PR]
by gottagota | 2009-09-06 00:27
9月5日 ミルトゲロカクタス属
秋だ。秋だ。秋だ。



*****




この夏、たぶん桃10個は食べたんじゃないかな。


桃美味しい。でも柿が好き。




*****




買ってからそろそろ一年になるサボテン。


3つ買いまして
そのうちの1つは
片道切符を持って天国へと旅立ちました。


残り2つは成長しております。


うさぎのような形でかわいらしかった形も今は昔。



b0128666_930170.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-09-05 09:31
9月4日 オーは無視
Snow Leopard。スノーレパード。

プリンタドライバがどうだとかスキャナドライバがどうだとかちょっと問題はありますが、
動作の速さにびっくりします。

アプリケーションの起動も速いし、safariも速いのが実感できる。

とくにびっくりなのがダウンロードの速さ。
これってOS入れ替えたからなのかなあ。なんかすんごい速いです。

速さを実感できるってことあんまないのでこれには驚きました。




*****




「臨死!! 江古田ちゃん 」を入手しましたよ。

面白いのはもちろんですが、この人絵がうまい!


しかも、4コマ漫画ひとつに対して情報がものすごく多い。

4コマしかないのにいろんな情報がつまっていて
しかも結構微妙なニュアンスだったりするのに。

言葉の選び方だったり、表情、物の選択がうまいんでしょうね。



隠れ猛禽。





*****





「この世界の片隅に」。


江古田ちゃんとずいぶん落差がありますが。。




上中下巻あります。

上中巻はところどころ悲しい描写が差し込まれてきますが、
作者特有のユーモアもあって
「あれ、いいのかな、、こんなにすんなり読めてしまっていいのかな…」と思いながら読んでしまいます。


しかし、下巻。

後半からエンディングにかけては……。もう……。





作者である こうの史代「平凡倶楽部」エッセイ第3回「戦争を描くと言う事」から以下引用。


原爆を描いて以来、わたしはたまにお涙頂戴作家と勘違いされている。
残虐におかわいそうに死ぬ美男美女が見たいだけのお方は、
最後まで読んでさぞやがっかりするだろうな、と思った。

[PR]
by gottagota | 2009-09-04 00:29
9月3日 NO LIFE NO 氷結
ちょっと涼しいですがまだ半袖で十分いけるくらい、
晴れ間は少ないですが空気が落ち着いていて風も気持ちよく
とてもさわやかな今日の日。


そんな日に
まずは先日の件についての復習、
そして事実のご報告、
そして最後に卑しくも「私は正しかった」という言葉を
上下のスペースを十分にとって
書き記したいと思います。





****




先日の大阪での展示会。


搬入日に大阪に行く事ができませんので
作品は会場に郵送いたしました。


東名高速が崩れていた事もあり、
郵便局で「大阪ですか…。もしかしたら到着遅れるかもしれません…。」と言われましたが
ちゃんと届きました。


包みの中には手紙と作品とキャプションを入れました。


キャプションというのは「作品タイトル、作者名」などを書いた名刺サイズの厚紙(じゃなくてもいいんですが)です。



展示期間中に大阪に行くと
僕の作品は展示されていましたがキャプションは貼られていませんでした。

そうすると誰のなんという作品だかわからない。ただ単にぺたっと作品が貼ってあるだけ。
完全に作品の「アイデンティティ」が失われた状態。


会場の人曰く「キャプション入ってなかったんです」とのこと。


「100パー入れた」と思いつつも
会場で新しくキャプションを作ったのでした。




以上が復習。




で、展示期間も終了し、作品が返送されてきました。

僕が送った同じ梱包用紙に作品を入れ直して送っていただきました。


するとその中から僕が最初に作っていたキャプションが出てきました。


会場で慌てて書いたキャプションとは全く違うオレンジ色の紙にパソコンでプリントアウトされた完成度の高いもの。


キャプションは入っていた。



以上が事実のご報告。











私は正しかった。












以上です。


みなさん、健やかな日をお過ごしください。
[PR]
by gottagota | 2009-09-03 10:39
9月2日 猫を上から
撮りました。
b0128666_22383199.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-09-02 22:38



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota