<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
5月4日 幻聴
ミニトマトがあれ以降どんどんしおれていきました。

日に日に茎は弱々しくなり、葉は丸まっていきました。


ミニトマトはそもそも水少なめがいいのだそう。
葉が丸まるのは水と肥料が多すぎるからだそう。


ということで、
まずは水を少なめしてみました。


でも、ミニトマトの劣化は進む一方。


与えすぎた肥料を洗い流すには
プランターにたっぷりの水を注ぎ入れなければいけないのだそう。
しかし、それは「水は少なめ」というルールに反する。


うむむ〜。

と悩んでもいられないくらいにミニトマトが死にそうになってしまったので
これはもう大胆な対処をとるしかないと思い、
プランターに3リットルほどの水を流し入れました。

これで逆に死んでしまうかもしれないけれどしかたない。


そうすると、なんということでしょう(祝復活)。


その日の夕方には茎がしっかりとして、丸まっていた葉たちはパーッと開いたのです。

それ以降、順調に回復し、蕾もようやく黄色い花びらを見せるまでに成長しました。


植物の生命力の強さに驚かされましたよ。

「私は生きる意志を持っている。私に生きる場を与えよ。」というミニトマトの声が聞こえました。
b0128666_1634476.jpg
b0128666_16352640.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-05-04 18:51
5月2日 ○○
こんなことを書くのもなんですが、
友達のイラストレーター JUN OSON君が29歳にして
初めて女性と○○したそうです。

29年間一度も女性と○○したことなったんですねえ。

でもまあ、○○するときは本当に好きな人とするのがいいですから。

初めてに限らず○○の相手は相性が大事ですし、
○○はいきおいじゃなくちゃんと見極めた方がいいですよ。

まあ何にしてもメデタイということで
ささやかな○○お祝い会を僕が主催させていただきました。
イタリアレストランで友達10人ほど集めて。


なんと! JUN OSON君の○○相手の女性も来てくれまして
みんな「ああ、この人がJUN OSONと○○したんだあ」「これから二人で毎日○○生活送るんだあ」
なんて想像を膨らませながら
○○祝いのプレゼントを渡したりしました。

まあとにかく○○(=結婚)おめでとう!
[PR]
by gottagota | 2009-05-02 00:49
5月1日  Re:弟
「王と鳥」見ましたよ。

ジブリから出てるDVDを借りて。



たしかにラピュタやハウルの世界観、表現方法と同じようなものが次から次へと出て来てます。

宣伝文句では「ジブリの原点!」と謳ってるんですね。

特典映像で高畑功は「これに影響を受けたというよりもこれと同じ空間感覚を持っていた」と言ってます。


城の構想構造や未来科学技術とか高い場所でのアクションとか最後に城が崩れるとことか、
たしかに「ラピュタじゃん」って思うんですけど
それを単純に「パクリだ」と言ってしまっては
あまりにも簡単にものごとを分別しすぎて本当のことがわからなくなってしまうでしょうね。


高畑功の「これに影響を受けたというよりもこれと同じ空間感覚を持っていた」という言葉を
クリエイティブのステージが違いすぎて僕は完全には理解できないけど、
なんとなく「そういうこともあるだろうなあ」とは思いました。


広義ではパクリかもしれないけど
そんなこと言ってたら今世に出てる、これから世に出る表現物の全てはパクリでっせ。
浜ちゃんCD出せなくりまっせ。


作り手がどういう思いでどういう過程で造ったかなんて
簡単にわかるもんじゃないんだから
少しでもわかりたいと思うなら頭ごなしに「パクリだ」と決めつけて思考を停止させないほうがいいんだろうな、と思います。


「造る」ということに自信があるからこそジブリはこれを「原点だ」と宣伝できるんだと思いますし。




***




「王と鳥」。


映画として面白かったですよ。



怖さもあるし、アイデアが豊富で見せ方も面白いから「カッコいいなあ」とつぶやきながら見ました。
ギャグも面白いし。


宮崎駿の作品の方が爽快感や郷愁は強いですけどね。
[PR]
by gottagota | 2009-05-01 17:28



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31