「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
1月28日 DEKINAI でもありがと
お年玉付き年賀状当たりました。

切手セットが。


ありがとうございます。

都賀のあなた様からいただいた年賀状と
新宿のあなた様からいただいた年賀状です。


この切手を貼ってあなた様にお礼の手紙を書きます。



ありがとうございます。





*****



確定申告早く終わらせてピョ〜って出しちゃおうとか思ってましたが、
調べてみたら支払い調書の数が全然足りない。

三分の二くらいしか届いてない。


でもまあ、そうだねえ、まだ1月だもん。

僕もいつもは2月中旬とかに確定申告取り組んでいたはず。


ちょっと休憩。






でも〜、経費とか振込金額とか合計してたら、なんですかね、この、自分のお金を扱うときのこのドキドキ、ヒリヒリする感じ。

結構苦手です、この感覚。

だから、早く終わらせたいんだけど。


無理なものは無理。
やりたくても無理。

調書ないんだから、【音出ます】
[PR]
by gottagota | 2009-01-28 23:57
1月27日 カイザーソゼの足跡
そろそろ確定申告ですか。


できれば3日で終えたいと思っています。


今夜からザザッとレシートをまとめて
明日ダダッと入力と必要書類と手配をして
後日届いた必要書類を添付してビャビャッとポストに入れて終わり。


今回で4回目くらいの確定申告ですが、
ゼロとはいいませんが、確定申告の知識が4くらいに戻ってます。全部で10だとしたら。

ちゃんと出来るかな。



*****



「クライマーズハイ」見ました。


堤真一のヤツ。

原田眞人監督のヤツ。


原田眞人の登場人物がいっぱい出てきてボソボソ喋りでセリフ聞こえない系の映画は好きです。
「呪縛」とか「浅間山荘」とか。


今回は堺雅人ですねえ。

そんなに特別おいしい役でもないし、多分思っているより画面に映ってないのに
イチバン印象に残りますね。
あの目が脳裏に残ります。




*****




最近、カイザーソゼの足あとが残っています。




*****



今日、夢に久松史奈が思いっきり出てきました。

夢の最初っから最後まで久松史奈が出ずっぱりでした。


MAYBEこだわりすぎてるから微笑みながら天使の休息をとるべきだと言うお告げかも知れません。
[PR]
by gottagota | 2009-01-27 18:38
1月26日 二岡にポテト
1月23日に「自転車渋谷美術展巡り 〜穏やかな午後に〜」を実行しました。



●ピカソとクレー展(bunkamura)

ピカソとクレー以外にもマティスやらカンディンスキーやらも飾られていましたが
僕はやっぱクレー好きっすね。

かわいらしくてほとんどギャグのようなコミカルさと計算し尽くしてるんだけど柔らかくて自然な感じ。


ピカソはパッと見ただけで他の画家たちの作品よりも3倍くらいのエネルギーを放っていました。


あと、画家はタイトルのセンスもいいですね。
「とてつもない日々」(The Titanic Day)
「直角になろうとする、茶色の△」(Brown △ Striving at Right-angles)
「頭と手と足と心がある」(Has Head, Foot,and Heart)


マックスベックマンの「夜」が怖くてじ〜っと見てしまいました。




*****



秀島史香による音声ガイダンスを聴きながらたっぷり二時間ほど クレーを見まして。


次は
●オリジナル燐寸ラベル&マッチ箱アート展(OPA gallery )へ。

111人のイラストレーターやデザイナーがマッチ箱をデザインするという企画ですって。

さすがに111人もいると知ってる人も多くて、「わあこの人知ってる〜知ってる〜知らない〜」などとツラツラ見ていました。

マッチ箱という小さいけどなんか愛着の湧いてしまうキャンバスに
それぞれの方が表現なさっていました。
面白かったです。




*****




続いて
●いろはCarta展(ギャラリーDAZZLE)へ。


いろはにほへとの50音作文みたいな感じで、オリジナルの文章とイラストを
50人のイラストレーターさんが描いてらっしゃいました。

難しいお題だと思うんですけどみなさんそれぞれのオリジナリティでやりきっておりました。
僕なら例えば「い」という頭文字を渡されても「ええ、ええ、ええ〜」と3ヶ月くらい悩み続けそうです。




******



そんでそのまま戸田に帰りました。


bunkamuraもマッチ展もダズルもグループ展でそれぞれ参加人数が多かったので
「人間っていっぱいいるんだな〜」って思いました。
[PR]
by GOttagota | 2009-01-26 12:10
1月22日 主は来ませり 今
1月に友達が展示をそれぞれの場所でやっております。

いろはCarta展
マッチ箱アート展
Snowy Gorm展

それに加えてbunkamuraでピカソとクレー展も開催中。

昨年末2ヶ月もやっていたピカソ展は見逃したし、
なんてったって僕はクレー大好きじゃないですかー。


で、
奇跡的にこの4つは渋谷で開催されるということでして
「こりゃあいいや」と楽しみにしておりました。

最近、外に躍り出るということもあまりなく、
夜寝て朝起きて「また朝かよ」と思ったりしていたので
渋谷徘徊DAYが楽しみだったわけです。

実は本日22日をそのDAYに設定して、
先週からやりくりしておったのですが残念ながらの雨。



あ、この話無駄に長いですよ。



雨であっても傘さして行けばいいじゃない、ってことでしょうが、
自転車で行きたかったのです。行きたいんです。


というのも
この4つの展示会場は渋谷とはいえ、
正確に言うと道玄坂、代官山、神宮前、北青山と結構それぞれ離れているんです。


これを全て歩いて回るとするとその距離は6.9キロ(ルート検索調べ)。

恐らく地下鉄を利用してもそんなには変わらないでしょう。
僕は地下鉄乗ると迷子になりますし。


自宅から駅までの往復と駅の構内の距離と6.9キロを合わせるとだいたい10キロくらいはあるわけです。


で、これまたルート検索によって自宅から自転車で渋谷まで行って全て回って帰宅すると40キロなんです。


自宅から井の頭公園や東京ディズニーランドまでは60キロですから
40キロはちょっと大変ですけれども、騒ぐほどではない。


電車にも乗って10キロ歩くのと
40キロ自転車てのを比較しすると。



ってことで自転車で行くしかないね、という結論だったわけですが、
今日雨でした。

雨はダメです。
路面濡れてますから、下手したら事故死しますからね。
ダメです。
雨はダメなんです。

向かい風もできれば避けたいけど、向かい風は気持ちを強く持てば戦える。
でも雨はダメなんです。



朝起きて雨に気づいて「あらら〜」と落ち込んで二度寝しようとしていたら
なんとSnowy Gorm展がすでに終わっていました。

悲しい。意外と悲しい。
100パー自分のミスです、これは。 ネスミス藤岡。


ピカソとクレー展が混むのがイヤなので出来れば平日がいいから
明日行きたいのですが、明日はちょっとスケジュール的に厳しいのと明日またちょっと雨なんですよね〜。
午後はやむ予報ですけど。

土曜は晴れるようですが、土曜もちょっとスケジュールが。


ん〜。悩むところです。





*****





昨年末のランチ忘年会のときにイラストレーター仲間が集まった場で
お絵描きコーナーがありました。

お題は「サンタクロース」。

サンタクロース。あの白人のオッサンですね。内蔵脂肪多そうです。血液型はたぶんO型でしょうね。動物占いはペガサスとかかもしれません。


サンタクロースというお題のもと、それぞれがシャープペンシルでもってノートにサササとサンタを描くわけです。


何度でも言いますが僕は絵が下手です。
ほんとにこうやってササッと描くのが下手なんです。

でも下手なのはこれはもうしょうがない。
少なくともこの時点ではもがきようがない。
ってことでいつも開き直って描くわけです。


しかし、
「にしても」「にしたって」というようなサンタを描いてしまいました。


いま思い出してもシナプスが痙攣しそうになるくらいのサンタでした。


なんであんなのを描いてしまったのか、技術以前ではないかと、
もう一ヶ月くらい前の出来事ですが
ずっと片方の靴を落として来たかのように心引きずられていました。


これを抜け出すにはサンタともう一度向き合うしかないと思って描いてみました。
渋谷行けなくて気もそぞろでなんとなくサンタ描いたんですけど。


あの時これを描いていれば僕の心はどれほど救われたか。


このサンタの何がいいのだ、と思われるかもしれませんが、
もう自分の中ではこれが答えなのです。


この感じをあの時にかけていたらきっととても誇らしく年を越せたはず。

b0128666_1646640.jpg


ゴミ出しではない。




*****




「気もそぞろ」はちょっと間違った使い方。


「検索調べ」は一瞬重複表現っぽい。




******




長文の日記は逃避行動。

さあ仕事をしようね。
[PR]
by gottagota | 2009-01-22 16:48
1月21日 食えない豚はただの貯金箱だ
手作り柚子ハチミツ。


これを冷蔵庫で3日ほど寝かせて柚子茶にしたり、ヨーグルトに混ぜてみたり。


豚は貯金箱。


b0128666_16582715.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-01-21 16:57
1月20日 早くはやくはやく名前を呼んで
自分の名前は呼ばないで。



****




市議会議員選挙が始まりまして
来週の日曜が投票日です。

真剣に選ぼうと思っていろいろ調べてはいるものの誰がいいかなんてわからない。

選挙前になって急に議員を注目するだけじゃ見えてこないんですね。
選挙前になってアピールしてくる議員を悪く言えないね、これじゃ。
普段から注目しておかないと。


で、今回はどうしようかと思っていますが、
とりあえず選挙カーで住民の迷惑も顧みず大声で名前を連呼する議員はやめとこう、と。

だって朝8時から夜8時までチョーうるさいんだもん。
人の迷惑考えないで自分のnameを連呼できるなんて頭どうかしてる。




****



おかずに対しての
「何杯でもご飯いけちゃいますね〜」ってそれってどういう褒め言葉?



****





フワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
[PR]
by gottagota | 2009-01-20 00:39
1月19日 Independent Hedgehog
またハリネズミの話です。

人様のハリネズミブログはほとんど読まないのですが、
それは「今日ゎご主人様にぉ風呂にぃれてもらいまちたぉ。とっても気持ちよかったぉ〜」のような
ハリネズミ目線で書かれたブログを読んだとしても
申し訳ないのですが僕の体の構造上、残念ながらそれらの文字情報は目から入って鼻から抜けていってしまって
結局に脳みそには何にも届かないので、じゃあ最初から読まないでいよう、ということになっています。


もちろん冷静にハリネズミを解析したブログ様もいらっしゃいますので勉強させていただいてはおりますし、
だいたいお前のブログなんかいつも「あそこのあれがああですよね」みたいな内容じゃないかとのご批判も That's Right と自覚をしているわけですが。




某ハリネズミコミュニティーにて。

「どうやったら慣れますか?」というハリネズミ初心者の問いに
ハリネズミ熟練者が数々の経験談を語る、というページがありました。


ハリネズミはまだ研究されていない動物なので
俗説や経験談が無尽蔵に飛び交っている状態ではありますが
よくいわれているのは「慣らすには飼い主の匂いを覚えさせる」といい、と。

飼い主が3日着たTシャツを寝床するとか。そういう感じ。


そうやって育てたら今では名前を呼んだらこっちに来るようにまでなりました、とか。
飼い主のあとをついてくるようになりました、とか。


マメを見ている限り、そんなに慣れるハリネズミを全く想像できないので
僕は「名前呼んだら来るなんて作り話だと思う」などと無責任なことを真顔で話したりしていました。


基本的にハリネズミは人間に慣れない、というのは正しいとは思いますが
しかし一方で「犬のように慣れている」という話もチラホラ聞こえてくるのもこれまた事実。


そんなにハリネズミブロガーがウソばかりついているとも思えないので
「本当なのかもしれない」と近頃思っております。


そう思うのにはもうひとつ理由がありまして。



最近のマメが急激に慣れて初めているのです。


とは言っても
シャワーを嫌がらなくなったとかそんなレベルなんですけどね。

でも最近はエサを求めてくるんです。
 
僕の姿を見ると「エサくれるんじゃないんだっけ?」みたいなそぶりをするんです。
(それは勝手な思い込みでほんとは全然意味の違う動作なのかもしれませんが)

僕のことを基本的に嫌がらせをしてくるんだけど一日に一回はエサをくれる青年。
と認識し始めているのかもしれません。


一年以上飼っているとさすがに少しずつの積み重ねによって慣れて来ているよう…な…気が…していま…す。


ましてや、生まれたての赤ちゃんの時から人間の手に乗って人間からエサをもらっていたハリネズミでしかも人間に慣れやすいという個体性も持っているハリネズミならば名前を呼んだら「エサくれんの?」と近づいてくるくらいのことはするのかもしれない、と思い始めています。
(マメは産まれて数ヶ月経過してからウチに来ました)




*****



で、最後に
「マメもいつか名前を呼んだら来るようになるといいな!」と書くと
キュッとまとまった文章になりますね。
[PR]
by gottagota | 2009-01-19 01:53
1月18日 日ごと夜ごとのコーリング信号
昨年の反省として「金を使いすぎた」というのがあります。


結構いろんなものを「必要必要」「景気対策」と言い聞かせながら買ってしまったような気がしています。


というわけで、本年は節約の気持ちで過ごそうと決めました。



が、先日早速FAX買いました。




今まで使っていたものは大学1年の時に買ったもので
恐らく当時の最近型でもないと思うので
何年前に製造されたものなのかもはやわからないくらいのもの。


ロール紙でしかも一枚一枚自動的に切ってくれたりしないので
20枚くらいのFAXが送られてくると
そのままつながったロール紙がデローンと出てくるわけです。

それをハサミでチョキチョキ切らなければいけない。

たまにFAXを送ってくれた相手先の方が
すぐに電話をくれてそのFAXの説明をしてくれることがあるので
そういうときは電話しながらチョキチョキ切ったりしてます。


で、
FAX自体が古いってのもあるのですが
さらにいうと壊れてもいます。


壊れているために送信時に問題があります。

普通なら複数枚の紙をセットしておけば
自動的に一枚ずつズズズズズーと吸い込んで一枚ずつ送信していってくれますが、
残念ながらそれがキャンノット。

一枚一枚を手動で差し込んていかなきゃいけません。

差し込むタイミングも重要でして
前の紙をちゃんと読み取って3センチくらい進んだときに次の紙をサッと入れます。

これが早すぎると前の紙とかぶってしまって書いてある内容が読めなかったり、
逆に遅いと電話が切れてしまいます。


こちらからFAXを送るということはほとんどないのですが、
3枚くらい送る時でも数分間電話の前でジ〜ッと送信作業をしなきゃいけないので
結構面倒でした。



世の中便利になればいいわけでもない、
不便な中に大事なこともあると思って我慢してきましたが、
最近FAXをいただく仕事が多くて「フワー!」って叫びそうになるくらいイラッとしたので買ってしまいました。


あと今まで使っていたFAXは黒かったんです。
存在感あり過ぎでそれもちょっとイヤで。。


新しいのは来週くらいに届く予定。



正しい買い物だった信じたいのですよ。。




*****




旺文社様の蛍雪時代2月号でイラスト描かせていただきました。

「センパイ合格者を支えた 心に響く20の言葉」というコーナーでございます。


白黒のイラストでございます。



スウォッチを使いまくったらデータが重くてちょっと大変でした。。



アルク様の日本語教師になろう 2010年度版でイラスト描かせていただきました。

「日本語教師の現場から」というコーナーなどでございます。

白黒だったり2色だったり4色だったりでございます。



b0128666_1352086.jpg

[PR]
by gottagota | 2009-01-18 13:35
1月14日 I am Updateman.
郵便受けに管理会社からのちょっとぶ厚い封書が届いていました。


その不穏な雰囲気に
まさかまたマンション取り壊しになるのかなとか
いろいろ心配をしましたが、


その内容はと言えば「更新手続き」でした。



今年の3月でちょうど2年になるので更新しなきゃいけないね。




僕は18の時に家を出て以来、
途中実家に戻ったりもしましたが
今までアパートマンション合わせて6箇所を転々として来ました。



それだけ一箇所にとどまる期間が短かったの で
「更新」ってのはしたことありません。



更新ってなんかちょっとうれしいですね。
[PR]
by gottagota | 2009-01-14 11:10
1月12日 おもえばぼ〜
大人になると乗り越えるべき壁が自動的にはやってこないな、と思います。


学生時代は大人たちが仕掛ける壁(試験や受験やら)が定期的に立ちはだかってくれますが
自分が大人になるとそういうのがなかなかないっすね。


ぼ〜っとしようと思えばぼ〜っとできて
あ〜、一昨年と同じような去年を過ごしてしまったなあなどと
思ったりもしています。



ということで自分で乗り越えるべき壁を設定しなければならない、と思うわけです。


(夢に向かって、というと陳腐ですが…)
そうやって目標を持って前向きに生きている人はやっぱ素敵に見えていますので
自分もそうありたいな、と。





てことで今年の目標を漢字一字で表しますと
「遂」でございます。


SUI。

とげる、ですね。


最後までやる。
最後まで聴く。
最後まで読む。
最後まで見る。
最後までその他。


チョーめんどくさいけどね。

トチューでやめたいけどね。

MAICCAっていいたけどね。




やると決めたことを最後までやるというのはもちろんですが、
この現代のネジ曲がった情報化社会でまっすぐ生きて行くためにも
「情報を最後まで調べる」ということもやりたいな、と。

難しいことだと思いますが、心がけてはいたいです。

いや〜、自戒の念を強く込めて心がけていたいですよ。




*****




これは「情報を疑う」と言うことでもあると思います。


冤罪っつーのもたくさん起きていますし、
警察の強引な取り調べるよる強制的な自白もたくさんあると言われているのにも関わらず
容疑者が逮捕されるとニュースはまるで真犯人のように扱って
容疑者の自白の信憑性については触れずに
「凶悪犯が捕まったね!よかったね!」というニュースに仕上げていますね。


国もマスコミも警察も企業もブロガーもみんな、
意識的、無意識的に関わらずウソをついている可能性があると思って
情報を摂る心がけをしないとな、と思います。


この情報化社会では
「そんなにみんなを疑うなんてさみしい時代になったもんだ〜」と傍観者ぶることは
厳しい言い方をすると、教養がないことだと思います。


流れてくる情報をそのまま鵜呑みにしていくことはよっぽど行儀の悪いことです。



情報を流す人たちにどんな思惑があるのかなんて簡単には見破れないけど
情報を受ける人それぞれが情報を吟味する姿勢(情報リテラシーね)を持っていれば
防げることは多いと思うのね〜。



沖縄戦強制自決教科書検定しかり。
[PR]
by gottagota | 2009-01-12 22:02



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota