6月2日 うれしいこともあるだろさ
「おもひでぽろぽろ」をしっかりと観ました。


これ、なんでアニメでやったんだろと思いながら見ましたが、
アニメじゃなかったらこんなにたくさんの人に見られるようなストーリーではないと思うので
やっぱりアニメでよかったんだなあと。


俳優が演じるとどうしても演技の作為的なとことか、俳優のキャリアとかが出て来ちゃって
話を邪魔してしまうこともありますけど
アニメの場合はタエ子はその前に何か別の役を演じたこともなくて
ただただ「タエ子」でしかなくて。

だから、人間が出てないからこそ逆に物語自体のリアリティーは増すんだな、と思いましたよ。



エンディングの都はるみの歌が素晴らしかったですよ。

こぶしを回さず抑えて歌っていて感動して泣きそうになりました。



もう17年前の作品なんですね。。

今はもう27歳の女性に「なんで結婚しないの?」なんて聞いたりしないもんね。
[PR]
by gottagota | 2008-06-02 21:36
<< 6月3日 針と蟹と温泉 5月31日 ぅぅぅあいまぷりー... >>



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31