7月13日 納豆の件
近所のショッピングモール内に新しく出来た「地産地消しましょう的SHOP」で
納豆を買いました。


納豆は苦手です。

味とにおいはまだしも
あのネバネバがどうにもこうにも右から左へと受け流せません。



大阪出身ということもあり、
食卓に納豆が登場したことは一度もなく

小学生の時に神奈川に転校して
初めて納豆が給食で出た時は
「わしゃ、どういたらええがじゃ!」と焦りましたが
幸い関東の方はみな納豆が好きなので
給食での納豆は友達が食べてくれました。




納豆は嫌いですが
栄養満点だし安いし、

そもそも
「嫌いなもの」を「好きもの」に変えて行くことが
幸福を実現するひとつの道だと思うので

納豆が好きになる、ようにいままでも何度かT.R.Yしてきました。





で、今回も数年ぶりに納豆チャレンジ。




埼玉のどっかの「昔ながらのやり方でひとつひとつ丹誠込めて作ってます」な納豆を発見したので
それを買って食べてみました。





味も匂いもかなり強いけど
ご飯と一緒なら、なんとかやっていけるし
逆に好きになれそうな感じもする。


しかし、
どうにもこのネバネバが慣れない。


なんの因果でこんなに口の中がネバネバさせられなきゃいけないのか。

なんでこんな目に遭わなきゃいけないの。



織田裕二じゃないんだから、
こんなにネバネバネバネバされても。
(↑この日記のハイライト)






****






てことで、
今回も納豆は「好きなもの」になれませんでした。






*****





ちなみにスーパーで売っているような
「クセがないから苦手な人でも食べられます!」ってな納豆たちもダメでした。
[PR]
by gottagota | 2010-07-13 01:25
<< 7月14日 たみおはしあわせそう 7月12日 汽車に乗って >>



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30