7月2日 外来生物法
GOOD TIME展の3回目の作品入れ替えが
7月10日にあります。


んで、今日、その制作が終了。

さすがに今回は3点だけの入れ替えです。




なんの物語もコンセプトもなく絵を描く、というのが今回のコンセプトだったので

一体何を描けばいいのやらと毎回悩むんですけど


それも楽しかったので、なんだか今回は気分のいい展示だな〜と一人で思っています。




*****




なんにもないとは言え、
作品の共通点を持たせようと思って
必ず「妖精」を入れるようにしてました。


しかも結構大量の。


「妖精」を描こうと思って描いたわけじゃないので
描いた後で「一体これらはなんなんだろう」と思ってからタイトルで「妖精」と名付けたんですが
いま、振り返ってみるとこれは「妖精」ではなく「精霊」の方がイメージには近いです。

ってどうでもいいですね。



で、さらにどうでもいいことを書くと。


いままでのものは人間が妖精の存在に気づいていない様子を描いていたんですが
もう3回目の作品更新となると
やはり物語を進めたくなってきまして
ついに人間が妖精の存在に気づく、というシーンをひとつ加えてみました。


そんな感じで、7月末までやる予定です。





*****





ナミハリネズミという種類のハリネズミがいるんですが、
これはすでに日本では「外来生物法」に指定されていて
飼育・繁殖は禁止されているそうです。



で、毎年、ヨツユビハリネズミも「外来生物法」の指定に加えようかどうか議題にあがっているそうなんです。


おマメはヨツユビハリネズミなので
どうなるのかしらん、とちょっと心配です。


さすがにいま飼ってるのを「殺処分しなさい」とは言われないだろうけど。
(わかんないけどね)



やっぱハリネズミは飼いにくいので捨てちゃう人がいるみたいですよ。



日本のほのぼのした市街地の中で生きているほ乳類の中では
たぶんハリネズミは結構強い方ですから
生態系を乱したりするんでしょうね〜。


たぶんマメとかチョー強いと思いますよ。



僕はもともとハリネズミを飼うことはまったくオススメしていなくて
「ハリネズミかわいいですね〜」と声をかけていただいても
「飼うのはオススメしません!」とハッキリと言っておりますが、

ハリネズミはなかなか慣れてくれませんから、
飼い主は結構心を傷つけられてしまいますので
それに耐えられる強い精神力を持っているという自信がないのであれば
ハリネズミは動画で観てたのしむだけにしておいた方が良いと思います。


どんなペットでも同じですね。
[PR]
by gottagota | 2010-07-02 21:37
<< 7月5日 サトエリ 7月1日 フォトジェニックガール >>



イラストレーター/フクイヒロシ
by gottagota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31